2010年10月24日日曜日

Baldwin Motion 70 Camaro No.2 下地

さて、
前回でキットのリアスポは余計な接着しろが付いているので、これを切断しました、と報告しましたが、
実車の写真をよーく見ると、キットパーツと同じ様にリヤエンドまで覆い被さるようになっている模様。
いきなりの考証ミスの早合点で、やらんでいい手間と時間を掛けてしまいますた・・・

気を取り直して、シャシの製作を続けましょう。

フロアの起毛表現、ちょっとした思いつきでタミヤの情景スプレー、スノーホワイトを吹きかけて、
オリーブグリーンやらダークグリーンやらを混色したものを砂吹き。
ちょっと粗いかなあ。
しかもうかつに触ると色が剥げて、スノーホワイトの白が表れたり。
もう少しやり方は考えないといけないかもしれません。

シャシは色々パーツを取り付けて、両サイドに出るエキパイとマフラーの位置決め仮組み。
エンジンブロックとの取り付けの位置関係で、両サイドのマフラーとエキマニで2分割されたパーツの間に隙間や段差が派手に生じてしまいました。
隙間は固定の強度も考慮して、接着剤にプラ材を溶かし込んだ自家製接着剤パテで埋めつつガッチリ固定させて行きます。

さて、ボディ。

ヘッドライト部分、
クリアパーツのフィッティングが今イチだし、はっきりした接着しろ部分が無さそうな為、このままだと見た目汚くなりそうなので、
ぶち抜きました。
そして、WAVEのIチップをリフレクター代わりに。
中の半円の凹みはリューターで拡大。
キットのクリアパーツを当ててみる。
サイズはバッチリ、取り付け部分が明確となりました。
今回は仮組なので、ボディへの固定は後ほど行います。

ボディサイドの絞りがキツイこの車。
ご多分に漏れず、ボディとシャーシの合体はかなり難儀しそうです。
塗装済みボディの合体時にボディを拡げた時にプラ、もしくはクリアが「ピキッ」なんつー音を出したら、もうその時点で死んでしまいマス。
だから
サイドシル部分を切り離して少しでも合体を容易にしたいと思います。

他にも特にフロント周りで目立つヒケをを埋めて、

二度目のサフ。
うーん、後一回は手入れ必要だなあ。


11/20は相当に厳しいゾ、こりゃ。

13 件のコメント:

yaszo さんのコメント...

けっこう順調ではないですかw
シャーシ廻りはもうできててあとはボディでしょ? 間に合う、間に合うw 頑張ってください(^^)

インテリアに情景スプレーってのは面白いっすね。昔はモデラーズのインテリアスプレーってのがあってよく使ってましたよ。在庫が切れてからは缶サフ砂吹きでやってますが(^^; 

ミゾロギ さんのコメント...

いやあ、良い感じですねえ。
とてもバランスが良さそうなキットなので、すっきりと仕上げると化けそうですね。
昨日はイベントで栄養をもらってきました。

きよみ さんのコメント...

まさにアメ車。エグいという表現が(いい意味で)ピッタリ。フロントもすごかったですが、リアもすごいんですね。結構好きなデザインかも?

Limahlさんの雰囲気ある仕上げに合いそうなクルマです。完成が楽しみ!

Limahl さんのコメント...

yaszoさん、こんばんは!

えーっと、本日3回目のサフを吹きましたが、
吹いた直後に4回目を吹く事が確定しました。
今度の土日でボディカラーのディープグリーン
を吹けなければリタイア確実状態です、ははは。

缶サフの砂吹きって、
工房中がサフだらけになりそうでコワイ。

Limahl さんのコメント...

ミゾロギさん、こんばんは!

このキットもボディプロポーションは抜群ですよ!
そして、そこまでやらんでも良かろう、
という位に細かい所まで表現した拘りのモールドと、
それでもやっぱりキッチリ手を加えなければならない
パーツフィッティング等々、
やっぱりアメプラは作っていて手応えあるし、面白いです。

Limahl さんのコメント...

きよみさん、こんばんは!

顔の迫力は強烈ですよね。
なんだろうなあ、このフロント。
爬虫類系?
ボディのプロポーションはどことなくジェット戦闘機
もイメージさせます。
この時代のマッスルアメ車が似合う男になりたかったなあ、
と思う今日この頃でありまするw

クラッチョ! さんのコメント...

やはり「秘密の花園」でしたか。。。
最近は近くに行っても立ち寄らないようにしておりますが(笑)
しかしカマロってカッコイイですね。
アメ車にはあまり興味ありませんがコルベットとカマロは作ってみたいです。(作る事が出来るのだろうか。。。)
フロアマットの情景スプレーでの再現、なるほど!
参考にさせていただきます!
横浜は見に行こうと思っているので、
お会い出来ると嬉しいです。

Limahl さんのコメント...

クラッチョさん、こんばんは!
返信遅れてしまい申し訳ありません。

最近は、模型も実車もアメ車が響くこの頃です。
若い頃は見向きもしなかったのにね。

情景スプレー吹いた後に、そのまま直に塗料を乗せると食い付きが今一なので、サフを間に挟むと良いかもしれません。
次の機会で試してみる予定です。

では、大桟橋で会いましょう!

Limahl さんのコメント...

クラッチョさん、こんばんは!
返信遅れてしまい申し訳ありません。

最近は、模型も実車もアメ車が響くこの頃です。
若い頃は見向きもしなかったのにね。

情景スプレー吹いた後に、そのまま直に塗料を乗せると食い付きが今一なので、サフを間に挟むと良いかもしれません。
次の機会で試してみる予定です。

では、大桟橋で会いましょう!

匿名 さんのコメント...

こらまたAMTにしては珍しく箱買いしたくなるキットですな。最初レベル/モノグラムかと思ったです。大体AMTは箱で手を引かせてしまうセンスの無さがアレなんですが、そういう意味でもコイツぁ珍しい一品ですな。サイドマフラーも思い切ってて模型映えもしそうです。ちょっと興味をそそられたので彼方此方調べてみましたが、入手難っぽいですね。

 3Dスプレーに塗装して内装表現てのは、昔フェラーリF1のモケモケシートの表現に個人的には多用しておりました。ベッチョベチョに塗ってやると情景スプレー特有のツブツブ感が程良くスポイルされてイイ感じになったんですよね。

@河童 さんのコメント...

↑は@河童でした。匿名になっちった。

Limahl さんのコメント...

河童さん、こんばんは!

そうなんですよね〜。
AMT箱写は写っているキット完成品がどうも緩いのと、更に背景画がどうしようもなくセンス足らんのが多くて、車種自体に魅力はあっても、その印象でイマイチ手が出なかったのですよね。
イメージの悪さはキットの中身に対しても良くない印象を持たせていましたが、でも、このキットは良いですよ。けっして作り難くは無いですし、なんせボディのプロポーションの良さは文句ナシですからね。

という事で、アメプラの面白さを改めて楽しんでおりまする。

ドカ山 さんのコメント...

こんばんは
久しぶりに覗いてみたら・・・
凄いエグイやつやってますね!
こいつは楽しみだw

PS:男の80Sは放置でスマンです。