2012年3月4日日曜日

Monroe Handler Mustang Ⅱ Cobra Ⅱ No.3 塗った貼った

前回の製作記のコメントにて、諸先輩方々より「ボディカラー黄色なら、下地はファンデーションクリームだっ!」とのアドバイスを頂きましたが、ああ既に遅し、その時点で白サフ下地の上に直接イエロー吹いちまってましたぜイ。
ガイアのサンシャインイエローを2度吹いた後。
ガイアの隠蔽力の強さはイエローでも発揮、しゃび目に溶いたのですが、イイ感じで染まってくれたようです、幸運。
で、この時点で吹きムラや吹き残しが無いか、ボディをしげしげと眺めてみる・・・
を・・・?

ヒケが出てるやん・・・・・・・!!

これまで製作記には書いてませんでしたが、このキットのボディはTルーフ仕様となっており、箱写の実車のノーマルルーフ仕様とは異なっていたので、最初の段階でTルーフカバーをボディに接着していたのですが、その接着部分の下地処理が不十分だったのか、このようにくっきりと浮かび上がってしまいました。


諦めて、ルーフ部分のみヒケを埋めて再塗装。
ルーフ以外の部分はマスキングでカバー。


グレーサフで面を確認して、問題無ければ白サフ、その後サンシャインイエローを2度重ね吹き。
塗膜乾燥後、マスキングを剥がして、塗膜の境界線を1500〜2000のペーパーで消し、最後にボディ全体をサンシャインイエローで2度重ね吹き。
なんとか不自然にならずに修正できました。


ガイア、隠蔽力が強いのは良いのですが、それ故、色の深みに不足してオモチャっぽい感じになっている様な気がするので、色の深みを与える目的で、ガイアのクリアイエローをExクリアーで1:1で割ったやつを、これまた2度重ね吹き。
写真じゃ全く判りませんが、結構良い感じになったと、自画自賛。

1日乾燥放置後、今度はデカール貼りの下地作りの為に、貼る部分のみExクリアーを軽く吹いて、デカール貼り付け。
キットのデカールは黄変こそしていないものの、かなり危なそうな雰囲気。
水につけて粉砕しないようにデカールフィルムを塗って、更に保険としてスキャンしてデータから自作デカールが作成しておけるようにしておきました。


なんとか貼付け終了。
やはりデカールは粉砕する一歩手前だったようで、所々細かく粉砕した所や、寸足らずとなった所がありましたが、それは乾燥後にタッチアップで誤魔化す予定。

うむうむ、改めて眺めてみるとカッコイイですな。
この調子でゆきませう。

10 件のコメント:

ドカ山 さんのコメント...

およよ、もうデカールまで!
良いイエローになったみたいですね
70年代テイスト全開で良い感じ。
ドゥービーブラザーズ※とか聴きながら
走ってみたいよモンロー君。

※マイケルマクドナルド以前でお願いします。

もう出来たも同然ですね。

もう一台、お願いします。

Limahl さんのコメント...

師匠、お晩です!

DBもヨカですが、スティーブミラーやJガイルズもエエかもよ。
一見順調そうですが、マクラーレンマスタング同様、グラスパーツが濃いめのスモークブラウンなんで、これはチョッと絞らなきゃいかんな〜、と。
しかも、型取り用に必要な「おゆまる」が足りなくて、売っているはずのダイソーを探しまくったが、何処にも置いていないという・・・・
仕方ないので、製造販売元からネット通販で調達予定であります。
まあ、今月中頃には完成の見込みかな!

もう一台>
ネタはあと5つ程ありますな。
その中より被りが無さそうなのは・・・・?
(ニヤニヤ・・・)

躍人 さんのコメント...

黄色なんていう超難しい色をよくぞここまで。
素晴らしい。
このチョーシで行っちゃってください!

ときに。J1ももーすぐ開幕ですね。
いろいろ楽しみです。
齋藤とか、齋藤とか、齋藤がw

Limahl さんのコメント...

事務局長、おはよう御座います!

開幕戦、見事な勝利おめでとうございます。
昨シーズンはウチの学を実戦にて磨き上げて頂き感謝しておりマス。
今シーズンは横浜のメッシ、五輪代表のメッシとして、一層のブレイクを果たしますんで、どうぞ宜しゅうお願いします。

あ、
イエローですが、ガイアなら隠蔽力強いんで、特段難しい事しなくとも大丈夫ですよ。
クレオスのラッカー(昔ながらの)なら、こう簡単には行かなかったと思います。

ヒロシ さんのコメント...

おぉ~もう塗装、そしてデカールまでいっちゃってますね。
私も昨日からボディにサフ吹いてますんで、今週末にはボディ塗装までいけそうです。ただLimahlさん同様デカールが怪しいので、それが心配だ・・。

yaszo さんのコメント...

早いなぁ、順調だなぁ(^^)
画像ではよくわからないクリアイエローの効果を静岡で拝見させていただきましょうw

さてもう1台が楽しみですww

Limahl さんのコメント...

ヒロシ兄ィ、お晩です!

デカール、欠損や寸足らず部分のタッチアップも簡単無事に終りましたんで、引き続き順調に進めそうです。
はやいとこ、フロントウインドウのヒートプレス用マザー型取りの為の「おゆまる」を調達しないといけません。

Limahl さんのコメント...

yaszoさん、お晩です!

よくわからないクリアイエローの効果は、後日改めて見てもよくわからなくなってきましたが、あれはプラシーボだったのでしょうか?w

もう一台は、静岡に間に合うかどうか、で判断しようかなあ、と。

taki さんのコメント...

出遅れてる。
引け修正の画面、塗膜が地層のように
なってますね。
確実な作業の積み重ねがあるんだなと
感心してます。

リカバリーもうまくいったみたいで
何よりです。

さて、モンローイエローの感じ出てますね
ショックが色付ってのがかっこよかった
時代がありました。
細部工作頑張ってくださいね。

Limahl さんのコメント...

Takiさん、こんにちは!

細部工作>
いんやいんや、
このキット、アメプラらしく、フレームからのパーツ分離や、エンジンの搭載などされてはいるものの、ディティールの省略が大胆過ぎなので、内部工作はサクッと済ませて外観パッと見重視で行きますですw
(どのみち細部工作は苦手なので、やろうと思っても対したことできなかったりする現実もアルノダ)