2008年8月19日火曜日

Jet Airliner

突然ですが、Beetle製作中です。

















足回りの細かいパーツを一つ一つピンセットでしっかり掴んで、エポキシで接着。
ある程度固定するまでピンセットで保持し続けますが、これが結構大変。












まあ、以上はもちろん冗談でありますが、
我家の近くにある雑木林の丘にムシのたまり場となっている木を見つけまして、次男坊がそこにトラップを仕掛けたら、カブトやらクワガタやらコガネムシやらを大量にゲットできてしまいました。
今では十数匹ものカブトとクワガタを飼育している状況でありますが、ぼちぼち寿命が来てしまった個体や、闘いに敗れた?個体も出始めまして、次男がそいつらを夏休み中の作品にすべく標本の為の処理を進めているのですが、その過程で足が数カ所で外れてしまいまして、そいつの修正を父親がやらされている訳で御座います。
しかし、こんな事に模型の道具や材料が役に立つとは思わなんだ。

で、完成品のディオラマはこちら。

できあいの標本セットの材料(木片と草を模した素材)で作ったものだけど、結構イイ感じだったりするです。




で、プラスティック材質物の製作ですが、ちょいとコイツを作る事としました。
今年の静岡ホビーショーでのB!M懇親会にて、自分がゲットしたゑびすどんさん提供のJAS MD-90。
エアライナーはゑびすどんさんの作品始め、合同展示会でもちょっと気になっていて、キットも頂いた事だし以来ずっと作ってみたいと思っていました。

とは言ってもエアバスどころか飛行機全般について殆ど知識を持ち合せていないので(苦)、細かい部分の考証とか作り込みとかなんぞ、なーんもなしで、文字通りサクサク進めたいと思います。


このキット、3機分のパーツで構成されているのですが、今回は1機だけ作ります。
1機分のパーツ点数はご覧の通り実にシンプル。


機体及び垂直尾翼を接着して合わせ目消しの乾燥待ち。
それから主翼、水平尾翼、エンジンのパーティングラインを消して、機体との合わせ目確認の仮組。
接合面を奇麗に均したら、ぴったり隙間なく合わせられました。
あっと言う間のここまでの製作。
さて、垂直尾翼と水平尾翼の合わせ目消しと塗分けをどーすんか、明日以降シルバーパーツの塗装しながら考えるとします。



----------------
Now playing: Steve Miller Band - Jet Airliner
via FoxyTunes

2 件のコメント:

躍人 さんのコメント...

あーっ、いいないいな!エアライナーいいな!
以前ゑびすどんさんのBLOG見てクラクラ来てたんですよね~。あのときはイロイロと抱えてたので作りませんでしたが…
もともと好きですし。
T-62終わったらワタシも参戦しよ!
皆さんの作品に引っ張られてしまことが多いなぁw

Limahl さんのコメント...

躍人さん、こんにちは!

空もの初心者ですが、シンプルなパーツ構成なこのキットなら入門用に丁度ヨイかも、と思い始めてみました。
で、今現在は、胴体への翼を接着してから塗装か、翼と胴体をそれぞれ塗りわけた後に合体が、さあーどーすんべ、と楽しい悩みを抱えております(笑)

では躍人さんのも期待してまっせ。