2009年9月24日木曜日

Owens Corning Fiberglass '68 Corvette No.4 デカール、嗚呼デカール


ね、こんな所に小さくさり気なく記載されているのですよ、「1/25」って・・・・

さて、 68 C3レーシングはいよいよデカール貼りです。
ボディサイドの前後の赤いエリアを大判のデカールで貼付けます。
微妙な曲面に果たして追従するか?
そもそもデカールの質は?劣化具合は?
そんなんで、保険としてマイクロセットのデカールフィルムを事前に塗っておきましたが、それ以前の問題として・・・



経年劣化か、色あせて赤が赤じゃなくなってます。
昔の3色刷りの漫画にある赤のような朱色、といった感じ。
同様にゼッケンの黒も灰色っぽくなっているし、本当ならとても使えたものじゃナイのかもしれませんんが、ご覧の通りスポンサーシール等々が赤いエリアと一緒くたにされており、更にその背景色が色あせた赤色となっている事から、マスキング塗装で鮮やかな赤色に塗る事はできません。
文字も細か過ぎて、スキャンしてのインクジェットデカールでは文字が潰れてしまいます。
結局このデカールをそのまま使用する事としました。

で、取り敢えず張り始めましたが、リアサイドのエリアがどうにも合わない。
おかしいなあ、と思ってふとキットの箱を見ると・・・・



リアのオーバーフェンダー付け忘れていました・・・・・

しかし、ここまで来て諦める訳にはいかない、何とか頑張ってリカバーしてみました。

接着して、合わせ目を消して、

筋彫りやプレスラインの所を境界にマスキングして再塗装。

クリア吹いてフィニッシュ。どうにかなった?

気を取り直して再びサイドのデカール貼り。
後付したリアのオーバーフェンダーの曲面がキツいです。
デカールフィルム塗っているとは言え、臨終直前のこのデカールと自分の腕ではとても対応できません。

ご覧の通りバリバリ割れるは、割れたデカールの張り合わせに気を取られて、肝心の位置が大きくズレてしまうは、でもう散々であります。

この通りゼッケンの左右、上下位置がまったく合っていません。
既にデカールはジグゾーパズル状態に近いので、この状態から貼り直すなんつー事は自分には絶対不可能。
なのでこの状態のまま先に進める他ありません。

この時点でかなりモチベダウンしましたが、どうにか気持ちを奮い起こしてタッチアップとクリアコートまで進めましたが、やはり納得いかないまま工程を進めて行くのは作っていて楽しくナイ。





という事で、







もう一個買ってきたぞ、わはははは。
今度は前回の失敗を教訓に色々作戦を立てました。
転んでもタダでは起きないぞ、コンチクショーw
その内容は次回にて紹介します。
ただし成功したら、ですけど・・・・・・・・(大丈夫か?)


では、比較的上手くいった方のサイドの写真を貼って、リベンジへの気合いを高めて行くとしましょう。

うーむ、たとえ3色刷りカラーでも上手く貼れたらやっぱカッコイイなあ・・・・

4 件のコメント:

taki さんのコメント...

まるまるやり直すってことですよね。
すごいなー。

妥協を許さない姿、感服です。

yaszo さんのコメント...

もう1個買ってきたというオチには思わず(笑)
レベルとかのデカールってキットによってピンキリなんですかねぇ。前に買ったコブラにはカルトグラフ付いてましたしw

なんだかんだいっても完成までもうちょっと。頑張ってください!
JMCで並べられるの楽しみにしてますよw

Limahl さんのコメント...

Takiさん、おはようございます!

丸ごとじゃあありませんぞ。
シャシは上手くいってますんで、上物だけのやり直しであります。
でも、最初にデカール見てヤバイと思った時点でスキャニングしときゃよかったのかもなあ。
まだまだ知恵が足らんだす。

Limahl さんのコメント...

yaszoさん、おはようございます!

かなり気にいってるキットなので、何としても完成させてJMCに持って行きますよ。
次はキットのデカールはそのまま使わずにゆく予定。
なので只今とあるものを猛特訓中であります。