2008年10月25日土曜日

ボーイング737-400 No.3 下地作り

PH-BPC, 737-400, KLM

エアライナーの前面ウインドウって開くのね、びっくり。

自分はFlickrで資料写真を探す事が多いのですが、エアライナーで検索すると、ほんとカラフルな機体の写真ばかりがヒットして実に楽しい。
青空のバックにカラフルなカラーとデザインのエアライナー、ほんと美しいと思います。



さて、B3-400「ネズミの園に行こう!」、


アフターのデカールに、コクピットウインドウや各種ドアが用意されていたので、キットの凹モールドは全て埋めてしまいました。

そしてコクピット部クリアパーツと胴体の合わせ目消しをセコセコと。

なかなか消えないので頑張り過ぎてしまい、こんな感じで頬が痩けてしまいました。


なので肉付け直し。


何度か修正して、


どうにかふっくらできたかな、っと。

主翼については胴体と先に接着してしまう事としました。
極力隙間を出したくなかったからです。


この隙間に、


強度確保も兼ねさせる為、プラリペアを押し込んで埋めます。


上部の隙間は溶きパテで、


こんな感じで下地作り完了!

明日はいよいよ塗装工程に入ります。

で、またまたFlickrで400の写真を見ていたら、

Toronto bound

なんだ?この主翼の付け根のライトのようなもの。
(着陸灯、って言うんですか?)
こんなモールドはなかったゾ(汗)

う======ん、どうしましょう・・・・

2 件のコメント:

躍人 さんのコメント...

着陸灯?
そんなもの心の目で見れば一切見えません。
大丈夫!

Limahl さんのコメント...

躍人さん、こんばんは!

え?見えませんか?
ほれ、ここの所に・・・・

あれ?
おかしいなあ、

さっきは見えていたと思ったのに・・・

気のせいか・・・・・