2008年10月6日月曜日

フェラーリ312T No.10 離→接・カウル

放置してませんよニキ・ラウダ。



平行作業も程々にしないと、ひたすら削るだけの退屈な作業はどうしても避けがち。
他のキットばかり手を付けて、しまいにゃ更に新しいキットにも手を付け出して、増々放置期間が延びて行って、しまいにゃやる気も消滅・・・・・

なんて訳にゃあ行きませんので、ちょっと頑張ってみますゾ。


両サイドのカウル、前後の分割部分は合わせ優先で接着固定してしまう事にしました。
チリ合わせ等で接着部がもげてしまわないように、強度を持たせるべく裏面にプラリペアで補強を加えておきます。

さて、前回報告したリアのトップとサイドのサヨナラな隙間の修正ですが・・・・

ヒロシさんのアドバイスにも後押しされて、プラ材で修正してみました。
右、

左、


トップカウルのエンジンカウル周り、ヘッドレストベース取り付け背面部の隙間をプラ板で埋めて、
合わせ目とかヒケも軽く修正、


トップカウルとの接合部のチリを削って合わせて、


さーて、ぼちぼちカウル達をサフ吹きしてみますかね。
で、ここからまたまた修正に次ぐ修正が始まるんだろうなあ。
机も鼻の穴の中もプラ粉だらけになるゼ。


そういや、このバイザー(?)

ちょっと肉厚厚めなのが気になってきました。
ん〜〜、ここはやっぱ、プレスっすかね?
あー、これでまた進捗が遅れる悪寒が・・・・

4 件のコメント:

yaszo さんのコメント...

なかなかご苦労なされてるようで(^^;
けどここで手を抜くと後で痛い目に合いますもんね。
シールドはバキュしてクリアブルーを薄く吹き付け! これで決まりでしょw
まぁエッジだけ削って研ぐという手もありますけどね。

ヒロシ さんのコメント...

苦労した分だけ完成したときの喜びは倍増ですよ、きっと。(と他人事のように言ってみるテスツ)

シールドはやっぱバQでしょ!
この形状ならそれほど難しくはないと思いますよ。

Limahl さんのコメント...

yaszoさん、こんばんは!

あ、そうか、「シールド」か。
よーし、何だかバQする気になってきたゾ(笑)
こうなったら徹底的に苦労してやる(?)

Limahl さんのコメント...

ヒロシさん、こんばんは!

よーし、本当にバQするゾ、決定だ!
で、シールドの形状を改めて眺めてみる・・・

>それほど難しくない
うっそー=≡